真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】第7回感想!おとりばば様(草笛光子)かっこいい木曽義昌に平手打ちも

      2017/02/03

本日のMVPはばば様!

真田丸第7回!本日のMVPはおとり様でしょう。混乱の渦中にいながらも、人質とはこういうものだと終始毅然とした態度のばば様でした。

 

―本日の成績―

■信繁(堺雅人):ばば様ときりの奪回を任されるが、失敗。見つかってしまい捉えられて信繁も人質になってしまう。完全に黒星。

■信幸(大泉洋):岩櫃城を守るように任される。その任務にいっぱいいっぱいらしいが、おかげで岩櫃は特別な問題が起こっていたわけではない模様。まぁ80点でしょう。上出来。

■昌幸(草刈正雄):昌幸はいるだけで存在感がありすごいことをやっているような気がするのですが、でも本日は何か手柄があったわけではありません。やや黒星かな。

■ばば様(草笛光子):助けにきた信繁が逆につかまって人質になってしまうものの、その後ばば様のおかげで信繁は解放される!なんと!!本日200点です。期待以上の活躍です。

 

文句なしの白星です。大金星です。ばば様。

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

捕まってしまった信繁を励ますばば様。思うようにいかないものです、思うようにいかないときにいかに振る舞うか。望みを捨てなかったら道は開ける、と。ばばが言うんだから間違いないと。なんだかそう言われると、なんとかなりそうな気がしてしまうんですよね。でもそれも、ばば様だからこそです。

 

これがね、梅ちゃんだったらどうでしょう。彼女も好感度の高い女性ではあります。

「望みを捨てなかったら道は開けますよ、源次郎様」…うんうん、こう励まされたら元気が出そうな気がします。が。

「梅が言うんだから間違いありません」って言われたら。。んん?ってなりそうです。重みがないというか。偉そうな気がする。人生経験ウルトラ豊富なばば様だからこそ、「ばばが言うから間違いない」っていう言葉に説得力があるし、かっこいいんですよね。もし昌幸が「俺が言うから間違いない」って言ったら、いや嘘ばっかり言ってるでしょってツッコミ入れたくなりそうです。

 

それにしてもばば様は愛されていますね。昌幸も第2回で「さすが我が母上」と賞賛していますし、今回も信繁はばば様を助けたい想いでいっぱいだった。そして意外だったのが、木曽義昌。人質の中にばば様がいるのを見つけると、その後わざわざ部屋まで会いにきている。大好きな田舎のおばあちゃんに久々に会ったような感じでデレデレです。木曽義昌が子どもの頃から知っているとのことですが、しゃきっとした態度でありながらも、愛情持って近所の子どもの教育していたんだろうなと感じました。

そして本日、爽快に決まりました。おとり様の平手打ち。すぱーーん、と。おおっ!突然のことに木曽義昌もびっくり。おとり様からは「大恩ある武田家を、裏切りおって」とのお言葉。木曽義昌「あのときは仕方がなかったのです。織田信長に脅され…」と話し、「相変わらず怖いのう」と一言。信繁もかなり動揺していました。が、その場の雰囲気が悪くなることもなく、木曽義昌も、ありゃーっ、おとり様にはかなわないなぁといった表情です。ばば様への信頼ハンパないです。

 

ばば様のおかげで信繁は解放されますが、ばば様はまだ木曽義昌の人質となっているままです。ばば様は今後どうなるのでしょうか。気になります。

 

スポンサーリンク




 - 第7回「奪回」(2月21日)