真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

#真田昌幸被害者の会とは?春日信達や室賀正武が入会かツイッターで話題

      2017/02/01

入会条件は「いい人」?

真田丸関連のツイッターを見ていたらよく見かけるようになりました。「真田昌幸被害者の会」。はじめ見たときは思わず笑ってしまいました。

 

第8回「調略」(2月28日)

被害者の会がはじめに盛り上がったのは、春日信達が真田昌幸・信尹の策略によって悲惨な最期を迎えた第8回「調略」のときな気がします。

 

 

 

スポンサーリンク



 

第9回「駆引」(3月6日)

第9回「駆引」。それまで何かと真田昌幸に反発していた室賀正武ですが、大名に頼らず信濃は我らで治めていこうという昌幸の提案を大いに歓迎します。実は室賀正武、いい人じゃん!ていうストーリーだったのですが。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

真田昌幸被害者の会って一体?

この被害者の会ですが、たぶん、自然発生したっぽいです。第1回は真田昌幸、武田勝頼に信頼されていてかっこよくて、一方で武田は滅びることは決してないと言っていながら「武田は滅びるぞ」なんて言ってみせるおもしろいキャラっていう位置づけだったかと思います。が、回を経るごとに、実はとんでもない人っていうのにみんなも気づいてきました。そして今回の昌幸の被害者は…なんてツイートが増えてきて。

 

 

 

 

 

それが、第7回「奪回」(2月21日)で、会としての形ができてきたような。滝川一益が北条軍と激突。そのすきに真田は沼田城・岩櫃城の奪回に成功したが、実はいい人の滝川一益はそんなことしなくても沼田・岩櫃の城を真田に返すつもりだった、という回です。また、昌幸と信尹が上杉に景勝に会って家臣になる(が、裏では何かたくらんでいる)という場面もあります。

 

 

 

 

 

 

 

この時点ではまだ、被害者の会のメンバーについて共通概念がないようです。被害にあった人ならみんな、っていうか、登場人物のほとんど被害者じゃね?のような。

 

それが第8回「調略」(2月28日)での春日殿の件から、いい人ほど昌幸に痛い目にあわされていることをみなが不憫に思い、いい人だと被害者の会へと入会になる、という風潮になっているのではないでしょうか。

 

とはいえ、自然発生した被害者の会。みんなが色々言っているだけでメンバーはこの人っていうのは明確に決まってないようです。そういうゆるいところがよくって好きなように言って楽しんでるみたいです。まぁ、春日信達と滝川一益は外せないでしょう。そして室賀正武が今度は、って多くの人が思ってる。

 

…と真田昌幸被害者の会の発足についてここまで書きましたが、あくまでみんなのツイートをもとにした私の推測ですので、あしからず。。。

 

追記

真田昌幸被害者の会、なんと出演者さん達も盛り上がってるようです(笑)

春日信達役の前川泰之さんのブログより。第8回お疲れ様会に、真田信尹役の栗原英雄さんが参加されることになって、『春日信達、調略で亡き者にしてゴメンね会』になったそうです。

この食事中に、真田昌幸に騙された人達があまりにも多いので『被害者の会』でも作ろうかと盛り上がりました😁 僕とか、、滝川一益さんとか、、😁

✨裏テーマ✨ 前川泰之オフィシャルブログ

 

真田昌幸被害者の会。とっても楽しそうだなー!!

 

関連記事:

【真田丸】第19話「恋路」感想!信幸と稲姫の縁組に忠勝は涙おこうは?

【真田丸】第9回感想!室賀正武が昌幸の提案にノリノリ「駆引」3月6日

【真田丸】第8回春日信達を信繁が調略!史実との比較と感想※ネタバレあり

 

スポンサーリンク



 


 - 真田昌幸名言・名場面, 第10回「妙手」(3月13日), 第9回「駆引」(3月6日)