真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】第4回感想!昌幸(草刈正雄)と家康(内野聖陽)の腹の探り合い

      2017/02/03

家康は上杉に確認することができたのか?

真田丸第4回!!めっちゃドキドキした!!昌幸の手紙が偽りではないかと問い詰める家康。いや偽りなんですけど、どうやって切り抜けるのか。結果としては家康が思い過ごしだったと折れるのですが、でも少々疑問が残りました。

 

【この記事に関する前回までのあらすじ】

これまで武田家に仕えていた真田家。武田家が滅びてしまい、巨大勢力の織田信長の脅威からはもはや逃れることはできない。真田昌幸(主人公、信繁の父)は織田信長に臣従しようと決める。だが、恐らく信長という人物、簡単に真田家を迎え入れることはないだろう。そこで昌幸は上杉家との偽の手紙を書いた。上杉の密書に対しての返事で、上杉に協力的な内容の手紙だ。実際は上杉からの密書などないのだが、真田昌幸は上杉からも声をかけられるような有能な人物だと思わせるためだった。しかも昌幸はその手紙が信長に渡るように、周辺の豪族や長男の信幸をも騙しての巧妙なやり方を仕込んだのだった。策略どおり信長から声がかかり、昌幸は次男の信繁を連れて信長に会いに行く。

 

【この記事に関する登場人物】

・真田信繁(のぶしげ)[堺雅人]…主人公。真田家の次男。

・真田昌幸(まさゆき)[草刈正雄]…信繁の父。かつての戦で家康を苦しめたことも。

・徳川家康[内野聖陽・うちのせいよう]…のちに天下人となるが、今は織田に仕えている。

・織田信忠(のぶただ)[玉置玲央・たまきれお]…織田信長の嫡男。

 

スポンサーリンク



 

問題の場面。信長に会う前に、信長の嫡男・信忠や家康らから、信長に会わせる前にいくつか疑問があるから答えよという展開です。家康から、上杉への手紙は真田をよく見せるための偽りではないかと問われます。さらに家康は信忠に、上杉と家康は通じておりこれから会う予定もある、そのときに真偽を確認することもできると話します。それに対して昌幸は、確かめたかったら確かめるとよい、このような場で決して偽りなどあってはならぬことだと応じます。そして家康と昌幸は、沈黙のまま互いの目をじっと見る。心の中を探り合うように。その一部始終を緊張した表情で見守る次男・信繁。長い沈黙ののちに、家康が、どうやら私が間違っていたようだったと信忠に伝えます。

 

この展開、「ん?」というような腑に落ちないような気持ちになりました。家康は偽りだとほぼ確信してそうだったし。なぜ家康はこう言ったのでしょうか。

 

家康が折れた考えられる理由

なぜ家康は「間違っていた」と言ったのか。考えられる理由としてぱっと思いついたことをあげました。

 

①昌幸の眼力から嘘をついているように思えなかったから。

②昌幸の眼力が強くて圧倒されたから。

③家康と上杉が云々という話は実はないのだけれども、確かめることは簡単にできると言ったら昌幸がどう出るか反応を見たかったから。

④上杉に確認して嘘だと分かったところで、昌幸はその場合にももっと巧妙なことを言いそうだったから。

 

などなど。でもどれも、何だか違うような気がしたんですよね。

 

①の嘘ではないと悟った説。先にも書きましたが、家康の態度からして嘘だとほぼ確信していたような気がします。

②の圧倒された説ですが、これも、嘘だという確信があれば家康の方が有利です。かつて苦い思いをさせられた相手に、ちょっとやそっとで折れることはないと思います。家康の表情からも、決して弱気には見えませんでした。

③の家康が上杉に、確認しようと思えば確認できるって言ったのは嘘だった説。これも、じゃあ確認してってなったときに実は嘘でしたってなったら信忠に責められるのは家康です。そうそう簡単に嘘もつけないかと。仮に嘘だったとしてすぐには確認できなかったとしても、その気になれば上杉に確認することはそうそう難しいことでもないような気がします。

うーん、だとしたら④の、もっと巧妙なことを言いそうだった説かなぁ。。。昌幸なら、こういう展開になることくらい予想して準備してそうだし。

 

ところで家康が、昌幸を問い詰める理由は何でしょう。信長の嫡男である信忠が問い詰めるのは、偽りなら許されない、信長に会わせることはできないという理由です。ですが家康はそれ以上に、かつての戦いで苦い思いをさせられた相手が憎いというのが大きな理由でしょう。もし偽りなら話しておくのは今のうちだと昌幸に言っています。信忠のような、裏切りや偽りは許さないという武士としての信条ではなく、昌幸に一泡ふかせてやりたいといった気持ち。

 

一方昌幸は、信長に会うにあたりこれは戦だという気持ちで臨んでいます。微塵たりとも弱気な態度を見せない。さらには、何かあったときには生きて返らないかも知れないという強い覚悟もあります。

 

家康が昌幸の目を見たときに、その強い覚悟を見たからではないでしょうか。ここで家康が、昌幸が偽っているとあれこれ言ったところで、昌幸が屈することはないと。④のように問い出してももっと巧妙なことを言いそうだというのもあるのですが、でもその根底にあるのは、絶対に屈しないという強い気持ち。互いの目を見て偽りかどうかということを探り合っていたというよりも、覚悟の強さを探っていたように思えます。

 

とはいえ、家康が折れた際、昌幸の覚悟の強さを認めつつも、決して負けたというような態度ではなかった気が。最後まで家康は強気でした。我慢強さで天下をとった家康。この場で決着をつけるような無駄なふるまいはしないが、今にみておれという気持ちだったかと思います。

 

関連記事:

【真田丸】真田昌幸(草刈正雄)がかっこいい名場面第4話!信忠・家康・昌幸の会合

【真田丸】第4回キャストと登場人物の年齢!明智光秀(岩下尚史)も登場

 

スポンサーリンク



 


 - 第4回「挑戦」(1月31日)