真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】真田昌幸[草刈正雄]かっこいい面白い名場面第1話!信之[大泉洋]大困惑

      2017/02/03

昌幸「誰が言ったんだ」信之「父上が…」

真田丸で好演を見せている、草刈正雄さんの真田昌幸。いやおもしろいですね!!真田昌幸の、ツボった場面を書いていきます。

 

【この記事の登場人物】

・真田昌幸(まさゆき)[草刈正雄]…主人公、真田信繁の父。役職名で安房守(あわのかみ)と呼ぶことも。武田家に仕えている。

・真田信之(のぶゆき)[大泉洋]…主人公、真田信之の兄。昌幸の長男。

・武田勝頼(かつより)[平岳大]…武田信玄の息子で跡継ぎ。そして武田家最後の当主。


 

(武田家の今後を案ずる武田勝頼に)

昌幸「もしや浅間の山が火でも噴かぬかぎり、武田のお家は安泰でございます」

 

(が、まさかの浅間山は噴火…。昌幸、唖然。。。)

 

スポンサーリンク



 

(真田家の皆さまでの会話中。今後を案ずるみんなに対して)

昌幸「新府城はこの真田昌幸が知恵の限りを尽くして築いた。天下に聞こえた名城じゃ。この新府こそが最も安全な場所じゃ。」

昌幸「安心せぇ。この真田安房守がいるカぎり、武田が滅びることは決してない。」

 

(と、思いきや、場面が変わって…)

昌幸「武田は滅びるぞ」

信之「え!」

昌幸「わしはこの城を捨てることにした」

信之「はぁ?」

昌幸「ここにいても先は見えておる」

信之「しかし、ここは天下に聞こえた名城と…」

昌幸「誰が言ったんだ」

信之「(困りながら)父上が…」

昌幸「いずれはそうなるはずだった」

 

 

父・昌幸に対して、長男の信之がいいリアクションをしているからこそおもしろさが引き立っているんだろうなと感じています。信之よりも父上やそのほかキャラが濃い人が目立っていますが、大泉洋、実はかなりいい役目を果たしているのではないかと。普段の大泉さんのコメディアンのイメージとは違う生真面目な役柄なのですが、なかなかハマっています。

 

インパクトがあったのはやはり上記の、さっきこの城は安全って言ったじゃないっすかというやりとり。ですが初めて昌幸が出たシーンはいたって真面目でした。武田勝頼と家臣らとの話し合いの場にて。

 

 

勝頼(言い争う家臣らにかなりキれモードで)「やめよ」

勝頼「安房守、お主はどう思う」

昌幸「恐れながら申し上げます。ここは…」

 

このときの昌幸の地位などは分かりませんが、ミーティング会場の後ろの方に座っていました。ものすごく地位が高いというわけではないのでしょう。それでもこうやって武田勝頼が信頼している人物だということが伺えます。

 

これがね、信頼されている人物→実はおもしろい人、という順番で展開されたから、昌幸は味があるんだと思うんですよ。信之でなくっても見ているこちらも「はぁ?」なんですが、それでも、しっかりした思惑があるのではと期待してしまう。第一印象って重要ですから。これが、おもしろい人→実は信頼されている人、っていう順番だったら、「信頼されているっぽいけど、でも胡散臭い」っていう印象になっていたんじゃないかなって思っています。

第一印象って重要ですね!!!

 

スポンサーリンク


 


 - 真田昌幸名言・名場面, 第1回「船出」(1月10日)