真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】真田昌幸[草刈正雄]かっこいい面白い名場面第2話!わしは決めた!

      2017/02/03

おもしろいキャラ確定。

主人公真田信繁の父、真田昌幸。セリフもおもしろいしかっこいいし草刈正雄さんの演技もナイスなのですが、まだ第1話のときは「たまにおもしろいことも言う人なのかな」くらいに思っていました。第2話で、もう決定的となってしまいました。昌幸はやらかしてくれる人なのだと。第2話の昌幸の名場面をまとめました。

 

【この記事の登場人物】

・真田昌幸(まさゆき)[草刈正雄]…真田信繁の父。真田家当主。

・真田信繁(のぶしげ)[堺雅人]…真田昌幸の次男。真田源次郎信繁。

・真田信之(のぶゆき)[大泉洋]…真田昌幸の長男。信繁の兄。真田源三郎信之。

・武田勝頼(かつより)[平岳大]…武田信玄の跡継ぎで息子。武田家最後の当主。第2話で武田家は滅んだ。


 

かっこいい!

 

(信之・信繁ら一行が行く手を阻む敵と戦っている場面で)

昌幸「迎えにまいったぞ!」

軍を引き連れて、馬にまたがって甲冑姿で登場。このシーンがかっこいいと話題になりました。もういかにもかっこいい演出で、昌幸がきたから大丈夫って雰囲気に満ち満ちていました。信之・信繁やほかのみなさんからの信頼は絶大です。

 

スポンサーリンク



 

さらっと一言…

 

(けっこう緊張感のある、昌幸・信之・信繁の親子3人でのシーン)

昌幸「武田は滅んだ。わしは己の不甲斐なさを責めるのみじゃ」

信之「何をおっしゃいます。父上に非はございません」

昌幸「いやわしもそう思うんだ」

信之「え」

信繁「私もそう思います」

 

この会話、「ん?」と思いましたが、わりとさらっと流れた感が。昌幸がボケるとしっかりリアクションしてあげる信之が、ここでは「え」の一言だけだったからでしょうか。

 

文句ないです。が、ねぇ…

 

(真田家は北条と繋がっているという噂に、そんなことあるはずがないと一同は憤っていましたが…)

昌幸「一方北条とはかねてよりを気脈を通じておる。何度も文のやりとりをしておる」

信繁「さようでしたか!」(父上すごーい!)

信之「存じませんでした」(父上が分からない…)

昌幸「断っておくが、武田を裏切っていたわけではないぞ。これは間違るな」

昌幸「んん、何だ文句あるかい」

信之「ございません」

 

何だ文句あるかい、のセリフが、若干脅し口調でした。信之はございませんと言わざるを得ない状態。それでも父上についていく信之は真っすぐな人ですね。

 

揺れる心…

(上杉と北条、どちらかにつくか決めようという場面)

昌幸「ここに2本のこよりがある」「赤が上杉、黒が北条。選べ。」

信之「そのように大事なことをくじで決めてもよいのですか」

信繁「大事なことだから、くじで決めるのですよ」

昌幸「わしは八百万の神に託したのじゃ。ほれほれ。」

 

(が、いざクジ引きとなると、昌幸は力いっぱい握りしめてくじを引かせようとしない)

昌幸「このように大事なことを本当にくじで決めて良いのか」「すまん」

 

くじで決めると言い出したのにも驚きましたが、やっぱりくじでいいのかな言ったのも意表をつかれました。くじで決めると言いながら、やはり心の中では葛藤していたのですね。最後の「すまん」とつぶやく姿が、申し訳なさにひと回り小さく見えてかわいかったです。

 

息子たち!

 

昌幸「源三郎源次郎!わしは決めたぞ!わしは決めたぞ息子達!!わしは決めた!」

 

このあと、上杉にも北条にもつかずに織田につくという話が出るのですが。「わしは決めた!」と言う勢いがすごくておもしろかったです。あと「息子達!」という言葉がおもしろかった。息子たち、なんて普通こういう呼び方しなさそうなもんですけど。何か意図があったのでしょうか。

 

昌幸の話を聞いていると、こちらも突っ込みたくなるような発言や、したたかやな、おぬしもワルやのうと思うようなことがいっぱいです。でもそれでも見ていて悪い気はしない、むしろ賛同してしまうのは、真田家は自分が守るという大きな責任感と覚悟があるからだと思います。武田家に対しても、滅びるだろうとは勘付いていながらも最後まで最善を尽くすというつもりでいました。根っこにあるのは誰かをだまそうとしてのことではなく、守ろうとしての策略なので、この人についていこうという気持ちになってしまうのだと思います。

 

スポンサーリンク





 - 真田昌幸名言・名場面, 第2回「決断」(1月17日)