真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】真田昌幸[草刈正雄]かっこいい面白い名場面第3話!信長につく策略

      2017/02/03

出浦や佐助を巻き込んでの策略に絶句

真田丸の中で一番注目されているであろう、草刈正雄さんが演じる真田昌幸。第1回、第2回も人を欺くような巧妙な手口に感心しましたが、第3回はそのすごさにやや放心状態になりました。かっこいいどころではなくもう圧巻でした。そんな昌幸の名場面について書きます。

 

【この記事の登場人物】

・真田昌幸(まさゆき)[草刈正雄]…主人公、信繁の父。

・真田信幸(のぶゆき)[大泉洋]…昌幸の長男。信繁の兄。真田源三郎信幸。

・真田信尹(のぶただ)[栗原英雄]…昌幸の弟。

・佐助(さすけ)[藤井隆]…真田家に仕える忍び。

・出浦昌相(いでうらまさすけ)[寺島進]…真田家のある信濃の付近の戦国大名。


 

 

(真田家周辺の戦国大名に、われらが1つになって織田信長に仕えようと提案。しかし、昌幸がみなの代表となるようなのが嫌だ、お前の家来ではないと交渉失敗。)

 

昌幸「あいつらをまとめ上げるの至難の技だなぁ」

信尹「そのようでございますねぇ」

信幸「父上が私欲を捨てここまでみなのことを思っておられぬのになぜ分からぬのでしょう」

昌幸「信長がわしを国衆の総代と認めれば小県(ちいさがた)はわしのものじゃったのに。残念じゃ」

※国衆・小県(ちいさがた):小県は、真田家がある地域の名前。国衆は小県にいる戦国大名たち。

信幸「私欲でございましたか」

昌幸「源三郎、人は皆、己の欲のために動くのじゃ」

 

この場面、信幸が昌幸に対して人間不信になりそうでした。私欲のためなのか、と。真っすぐな性格の信幸にしてみると受け入れ難い言葉だったことでしょう。

 

(私欲のため発言について考察しました)

【真田丸】第3回感想!昌幸(草刈正雄)が信幸(大泉洋)に「私欲のため」

 

スポンサーリンク



 

(真田家の命運をかけた、上杉家の密書への返事の文。信幸と佐助が届ける途中、織田信長へ仕えようという提案に反発した室賀や出浦の一行に襲われる。佐助は討たれて文は奪われてしまう。)

信幸「申し訳ございません。事あらば腹を切ってお詫びを」

昌幸「もうよい」

信幸「しかし」

昌幸「お前はやるべきことをやった。ただそれだけのことじゃ」

 

(そこに出浦昌相登場)

昌幸「で、室賀の様子は?」

出浦「見事にひっかかった。あの密書を持って信長に会いに行くそうだ」

昌幸「おぉそうかそうか!はは、おおそうじゃ!」

信幸「これは…どういうことでございますか」

昌幸「あれはな、室賀が奪うようにこちらから仕向けたのじゃ」

信幸「分かりませぬ」

昌幸「室賀はあれを持って必ず信長のところに行くとわしは踏んでおった」

信幸「しかし、信長の手に渡ってよいのですか」

昌幸「良いがなんだ。そのために書いた」

信幸「分かりませぬ」

昌幸「あれを読んで信長がどう思う。この真田という男、方々(ほうぼう)から声をかけられている。うまみのある人物に違いない。わしも味わってみたいものじゃ。信長ならそう考える。わしがまともにぶつかって話せるはずもない。すべては、そのための策よ」

信幸「では…上杉から届いたという密書というのは」

昌幸「そんなのはないよ」

信幸「…それならそうと、私にも教えていただければよいではないですか」

昌幸「お前は芝居ができんからなぁ。敵を欺く前に、まず味方からじゃ。あ、そうであった。佐助!」

佐助「はっ!」

昌幸「入れ。」

佐助「はっ!」

信幸「佐助…」

昌幸「働き、見事であった」

 

えっと…はじめ見たときは、

話し合いがうまくいかなかった→だから作戦変更。手紙の捏造を考えた

と思っていました。でもよくよく考えたらそうではなくて、はじめから交渉は決裂するということも想定済みで、そしてその流れから上杉への文は奪われる、ということまで計算していたのですね…

信長に「わしがまともにぶつかって話せるはずもない」と言っています。元から総代として話すつもりもなかったはずです。

 

 

信幸の性格から、彼なら騙されそうだしという気もしました。しかし見ているこちらも完全に騙されていました。もしかしたらこのエピソードは有名な話で知っている人もいたかも知れませんが、初めて見たという人はきっと大半が昌幸に騙されていたかと。信幸が騙されやすいのではないんです。昌幸がすごすぎるんです。信幸が芝居ができないわけではないんです。昌幸1人が優秀なのではなく、昌幸の命を受けてこの件に関わった人物全員が只者ではないんです。昌幸自身に何かあったら真田家を背負っていくことになる信幸に、策略とはこういうものだと身をもって体験させたかったという意図があったようにも感じます。

 

関連記事:

【真田丸】真田昌幸(草刈正雄)がかっこいい名場面第4話!信忠・家康・昌幸の会合

 

スポンサーリンク



 


 - 真田昌幸名言・名場面, 第3回「策略」(1月24日)