真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

真田丸第21話「戦端」登場人物とキャスト年齢と生年月日!北条氏政が久々に登場

      2017/02/02

5月29日「戦端」。久々に北条氏政の登場です。徳川家康と熱くて腹黒い抱擁で和睦したのが第9回「駆引」(3月6日)。もうそんなに前になるんだなとびっくりしました。

 

第21回は、秀吉が北条に上洛するよう求めたものの従わず、真田との沼田のことがまた問題となる1589年(天正17年)のお話です。登場人物とキャストの方々の生年月日と年齢をまとめました。なお、生まれた月日が分からない人物については、誕生日を迎えた場合の満年齢で記載しています。

 

真田家

真田信繁(さなだのぶしげ)

1567年生まれ。

22歳。数えで23歳。

堺雅人(さかいまさと)

1973年10月14日生まれ。42歳。

 

真田信幸(さなだのぶゆき)

1566年生まれ。

23歳。数えで24歳。

大泉洋(おおいずみよう)

1973年4月3日生まれ。43歳。

おこうさんの好感度アップしまくりですが、それは信幸みたいな人物に一筋だからだと思うんですよね。信幸、誠実で真っすぐで、でもいじられることも多くて。これでおこうさんが超イケメン一筋で、私ってか弱いんですアピールしてたら、なんだかいい印象は持てなかったと思います。

 

真田昌幸(さなだまさゆき)

1547年生まれ。

42歳。数えで43歳。

草刈正雄(くさかりまさお)

1952年9月5日生まれ。63歳。

信幸と稲が縁組して、おこうさんとは離縁するという話。「源三郎がどうしてもと」…っていう言葉に、きっと日本中の人々が突っ込みをいれました。

 

スポンサーリンク



 

とり:昌幸の母。信繁の祖母。ばば様。

生年月日?

草笛光子(くさぶえみつこ)

1933年10月22日生まれ。82歳。

 

:昌幸の正室

不明?1549年生まれ?

40歳?数えで41歳?

高畑淳子(たかはたあつこ)

1954年10月11日生まれ。61歳。

ばば様や薫のおかげでおこうさんは侍女として真田家で働くことに。女性の力ってすごいなと思いました。

 

(まつ):信幸・信繁の姉

1565年生まれ。

24歳。数えで25歳。

木村佳乃(きむらよしの)

1976年4月10日生まれ。40歳。

おこうさんに「正直、あまり覚えてないのですが…」って言っていましたが、信幸とおこうさんはいとこ同士での縁組だったので当然、松とおこうさんもいとこ同士なのですよ。

 

(いな):信幸の正室。

1573年生まれ。

16歳。数えで17歳。

吉田羊(よしだよう)

1974年2月3日生まれ。42歳。

まだまだ距離がありまくりの、信幸と稲。これからどうやって信頼関係を築いていくのでしょうか。

 

きり

生年月日?

長澤まさみ(ながさわまさみ)

1987年6月3日生まれ。28歳。

秀次の「きりのためなら」っていう良心を利用して色々お願いごとをして、でもきりちゃんは信繁が大好きで秀次に対しは好意がないんですよね。そんな秀次、かわいそうだなって思っています。

 

高梨内記(たかなしないき):真田家家臣。きりの父。

生年月日?

中原丈雄(なかはらたけお)

1951年10月19日生まれ。64歳

 

出浦昌相(いでうらまさすけ):真田家家臣。

1546年生まれ。

43歳。数えで44歳。

寺島進(てらじますすむ)

1963年11月12日生まれ。52歳。

昌相が出てくるときって、戦の香りが漂いまくりです。今回も北条となにやら揉めますしね。

 

佐助(さすけ):真田家の忍び

架空の人物?猿飛佐助は実在する?

藤井隆(ふじいたかし)

1972年3月10日生まれ。44歳。

おこうさんの離縁の話が腑に落ちていないところ、信幸から「佐助、わきまえよ」と言われるところは感極まるものがありました。おこうさんと佐助って何か関わりあったっけ?と考えていたら、そういえばこんなエピソードを思い出しました。

豊臣家

豊臣秀吉(とよとみひでよし)

1536年2月2日生まれ。

53歳。数えで54歳。

小日向文世

1954年1月23日生まれ。62歳。

 

(ねい):秀吉の正室

1546年生まれ。

43歳。数えで44歳。

鈴木京香(すずききょうか)

1968年5月31日生まれ。47歳。

前回の寧さん、すごく良かったなぁ。秀吉が怖い人だって昔から分かっていたけど、それでもここまでついてきたんですよね。めっちゃいい人。でも私の気持ちとしては、いい人だからこそ、もっと寧を幸せにしてあげられる人が旦那さんであってほしかったな。

 

茶々(ちゃちゃ):秀吉の側室。

1569年生まれ。

20歳。数えで21歳。

竹内結子

1980年4月1日生まれ。36歳。

茶々の父親である浅井長政。1545年生まれです。秀吉は1536年生まれだから、父親より秀吉の方が9歳年上なんですね。

 

石田三成(いしだみつなり):秀吉の家臣

1560年生まれ。

29歳。数えで30歳。

山本耕史(やまもとこうし)

1976年10月31日生まれ。39歳。

落書き事件で、残忍すぎると秀吉に反発。山本三成は盲目的に秀吉に忠誠なわけではないんだなというのを感じました。秀吉に狂気を感じながらも、どのような心境で関ヶ原の戦いを迎えるのでしょうか。

 

大谷吉継(おおたによしつぐ):秀吉の家臣

1559年生まれ。

30歳。数えで31歳。

片岡愛之助(かたおかあいのすけ)

1972年3月4日生まれ。44歳。

 

豊臣秀次(とよとみひでつぐ):秀吉のおい

1568年生まれ。

21歳。数えで22歳。

新納慎也(にいろ しんや)

1975年4月21日生まれ。41歳。

秀次もおこうさんみたいに、徐々に愛されキャラとなっている気がします。不器用ながらも健気に奮闘しています。

 

千利休(せんのりきゅう)

1522年生まれ。

67歳。数えで68歳。

桂文枝(かつらぶんし)

1943年7月16日生まれ。72歳。

 

徳川家

徳川家康(とくがわいえやす

1543年1月31日生まれ。

46歳。数えで47歳。

内野聖陽(うちのせいよう)

1968年9月16日生まれ。47歳。

 

本多正信(ほんだまさのぶ):徳川家家臣

1538年生まれ。

51歳。数えで52歳。

近藤正臣(こんどうまさおみ)

1942年2月15日生まれ。74歳。

 

本多忠勝(ほんだただかつ):徳川家家臣。

1548年3月17日生まれ。

41歳。数えで42歳。

藤岡弘、(ふじおかひろし)

1946年2月19日生まれ。70歳。

稲が真田に嫁いでしまって、号泣する本多忠勝。結婚式でこんなふうに泣いちゃうお父さんっているんだろうなぁ。

 

阿茶局(あちゃのつぼね):家康の側室。

1555年3月16日生まれ。

34歳。数えで35歳。

斉藤由貴(さいとうゆき)

1966年9月10日 生まれ。49歳。

 

北条家

北条氏政(ほうじょううじまさ)

1538年生まれ。

51歳。数えで52歳。

高嶋政伸(たかしままさのぶ)

1966年10月27日生まれ。 49歳。

北条氏政が出てきたときめっちゃブラックやなって思いましたが。もう最近は秀吉の闇が深すぎて氏政が大したことないように思えてしまいます。

 

板部岡江雪斎(いたべおか こうせつさい)

1537年生まれ。

52歳。数えで53歳。

山西惇(やまにしあつし)

1962年12月12日生まれ。53歳。

 

関連記事:

真田丸第22話「裁定」登場人物とキャスト年齢と生年月日!板部岡江雪斎に注目

真田丸感想第21話「戦端」!秀次がきりに「ほっとしている」

 

スポンサーリンク





 - 第21回「戦端」(5月29日)