真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】第4回キャストと登場人物の年齢!明智光秀(岩下尚史)も登場

      2017/02/03

信繁と昌幸が信長と対面

真田丸第4回、ついに織田信長と対面!!第4回は1582年(天正10年)の出来事です。武田家滅亡はこの年の3月11日。その後真田は織田信長についたものの、3ヶ月後の6月2日に本能寺の変となっていますので、武田家滅亡の後に迷う間もなく織田信長の傘下に入ったのでしょう。この時代の瞬時の判断に驚くばかりです。第4回の登場人物とキャストの年齢をまとめました。

 

(生まれた日が分からない人物は、誕生日を迎えた場合の満年齢で記載しています。)

 

真田信繁(さなだのぶしげ)

1567年生まれ 15歳

堺雅人(さかいまさと)

1973年10月14日生まれ 42歳

そのへんの20代の俳優さんにお願いしても、きっとこれだけ15歳の役になりきれる人はいないでしょう。堺雅人が少年らしさを出しているから、父の昌幸の威厳や、兄の信幸が長男らしくしっかりしているところがうまく出ているんだろうなと思っています。

 

真田信幸(さなだのぶゆき):信繁の兄

1566年生まれ 16歳

大泉洋(おおいずみよう)

1973年4月3日生まれ 42歳

第3回では「腹を切ってお詫びを」発言が話題になりました。16歳にしてこの武士魂に感心しました。

 

スポンサーリンク



 

真田昌幸(さなだまさゆき):信繁・信之の父

1547年生まれ 35歳

草刈正雄(くさかりまさお)

1952年9月5日生まれ 63歳

 

(まつ):信幸・信繁の姉。

1565年生まれ。17歳

木村佳乃(よしの)

1976年4月10日生まれ 39歳

松・信幸・信繁と年子。そして実際は、木村佳乃の方が堺雅人・大泉洋よりも年下です。

 

小山田茂誠(おやまだしげまさ):松の夫。

1561年?1562年?1567年?1567年だとしたら、信繁と同じ15歳です。

高木渉(わたる)

1966年7月25日生まれ。49歳。

第3回、まさに命がけで愛する妻、松のいる真田のところに戻ってきた茂誠。第4回で彼の運命がどうなるのか、非常に気になっています。

 

きり:信繁の幼なじみ

生年月日?

長澤まさみ(ながさわまさみ)

1987年6月3日生まれ 28歳

 

(うめ):信繁の初恋の人

生年月日?

黒木華(くろきはる)

1990年3月14日生まれ 25歳

 

織田信長

1534年6月23日 48歳

吉田鋼太郎(よしだこうたろう)

1959年1月14日生まれ。57歳

 

徳川家康(とくがわいえやす)

1543年1月31日生まれ。39歳

内野聖陽(うちのせいよう)

1968年9月16日生まれ。47歳

 

明智光秀

1528年3月10日。54歳。

岩下尚史(ひさふみ)

1961年6月28日生まれ。54歳。

明智光秀よりも織田信長の方が年下だったということが意外でした。信長の光秀に対する扱いがひどかったからというのが本能寺の変を起こした理由だという説も聞いたことがあるのですが、年下だったからなおさらプライドに触ったというのもあるのでしょうか。

 

ところで明智光秀を演じる岩下尚史さんについて、こんな記事がありました。

作家の岩下尚史氏が大河で俳優デビュー「キモーッとか言われて気持ち悪がられると思う」

 

演じたのは戦国武将、明智光秀。第4回(1月31日放送)のみの出演だが、このほど俳優、吉田鋼太郎(56)演じる織田信長にけ倒され、顔中血だらけになるシーンなどを熱演した。制作スタッフや脚本家、三谷幸喜さん(54)から、崇拝する信長から人前で辱めを受けてもうっとり妖しい表情を出せるのは岩下さんしかいない-と白羽の矢が立った。

 

何やら…ものすごく気になる役どころですね。。三谷幸喜さんの明智光秀像はどのようなものなのでしょうか。第4回の物語も楽しみです。

 

関連記事:

【真田丸】第3回キャスト年齢!信繁15歳で堺雅人42歳、昌幸はなんと35歳

【真田丸】第5回キャストと登場人物の年齢!本能寺の変の後の真田や徳川、上杉の話

 

スポンサーリンク




 - 第4回「挑戦」(1月31日)