真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】第5回キャストと登場人物の年齢!本能寺の変の後の真田や徳川、上杉の話

      2017/02/03

本能寺の変のあとの物語

真田丸、本能寺の変が第4回であっさり終わってしまって意外でした。本能寺の変だけで1,2話くらいありそうなものでしたが、でも、真田丸では本能寺の変よりも、本能寺の変で真田家はどう動いたかというところをしっかり書いていくようですね。第5回は本能寺の変その後の話。1582年6月のストーリーです。

 

第5回の主な登場人物の年齢を調べました。私としては上杉景勝がこの時26歳だったというのが意外だったのですが…若くして上杉家の当主だったんですね。やはりこの時代、若いときからしっかりしてないといけなかったんでしょうな。

 

真田信繁(さなだのぶしげ)

1567年生まれ。15歳。(数えで16歳)

堺雅人(さかいまさと)

1973年10月14日生まれ。42歳

第1回、堺雅人さんの、15歳になりきった演技にびっくりだったのですが。この数ヶ月で信繁がちょっとずつ成長しているところも表現されていてすごいです。第1回はお兄ちゃんの信幸に、だってーとか言うタイプでしたが、今では兄を尊敬している様子が伝わってきます。

 

スポンサーリンク



 

真田昌幸(さなだまさゆき):信繁・信之の父

1547年生まれ。35歳。(数えで36歳)

草刈正雄(くさかりまさお)

1952年9月5日生まれ。63歳

信長がいなくなってしまい、昌幸がこれからどういう選択をするのか。また何か、えっ!と思うようなことをやらかしてくれそうです。期待です。

 

真田信幸(さなだのぶゆき):信繁の兄

1566年生まれ。16歳。(数えで17歳)

大泉洋(おおいずみよう)

1973年4月3日生まれ。42歳

主人公の信繁の若さが目立ってますが、兄の信幸も信繁の1個上で16歳ですからね。若いです。第3回で奥さんがすでにいることにびっくりしました。信繁はお梅ちゃんとの淡い初恋に心ときめかせているというのに。

 

(まつ):信幸・信繁の姉。

1565年生まれ。17歳。(数えで18歳)

木村佳乃(よしの)

1976年4月10日生まれ 39歳

男性がメインの大河ドラマですが、松ねえさんも存在感バリバリです。

 

きり:信繁の幼なじみ、のちに奥さん

生年月日?

長澤まさみ(ながさわまさみ)

1987年6月3日生まれ。28歳

第4回では女子会で、かかとがカサカサでとお悩み相談していました。その後のかかとの調子について今回語られることはあるのでしょうか。

 

徳川家康(とくがわいえやす

1543年1月31日生まれ。39歳。(数えで40歳)

内野聖陽(うちのせいよう)

1968年9月16日生まれ。47歳

 

穴山梅雪(あなやまばいせつ):元は武田家の家臣。織田に寝返った

1541年生まれ。41歳。(数えで42歳)

榎木孝明(えのきたかあき)

1956年1月5日生まれ。60歳

 

服部半蔵(はっとりはんぞう):徳川家の忍び

1542年生まれ。40歳。(数えで41歳)

浜谷健司(はまたにけんじ)

1977年11月19日生まれ。38歳

 

上杉景勝(うえすぎかげかつ):上杉家の当主。上杉謙信の跡継ぎ

1556年1月8日生まれ。26歳(数えで27歳)

遠藤憲一(えんどうけんいち)

1961年6月28日生まれ。54歳

第1回から、ちらちらと出てきていらっしゃいますが、26歳だったとは…あの威厳や落ち着き、とても20代には見えません。

 

直江兼続(なおえかねつぐ):上杉家の家臣

1560年生まれ。22歳。(数えで23歳)

村上新悟(むらかみしんご)

1974年12月10日生まれ。41歳

なんと!22歳!!上杉家の超重要人物ですが、人に信頼されるかどうかって年齢じゃないんですね。

 

室賀正武(むろがまさたけ):信濃の豪族。昌幸を敵視している。

生年月日?

西村雅彦(にしむらまさひこ)

1960年12月12日生まれ。55歳。

 

初登場の方々もちらほらといらっしゃいますね。毎回新しいキャラ、しかもひとくせあるような濃い方々が出てくるのもおもしろいところです。実際の出来事としては3ヶ月ほどしか経っていないのですが、展開が早くて毎回ドキドキします。

信長につこうと決めたのに信長がいなくなってしまって、また一波乱も二波乱もありそうです。第5回も楽しみです。

 

関連記事:

【真田丸】第3回キャスト年齢!信繁15歳で堺雅人42歳、昌幸はなんと35歳

【真田丸】第4回キャストと登場人物の年齢!明智光秀(岩下尚史)も登場

 

スポンサーリンク



 


 - 第5回「窮地」(2月7日)