真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】第2回感想!昌幸(草刈正雄)・信繁(堺雅人)・信之(大泉洋)親子が素敵

      2017/02/03

父のことをぜんぶ受け入れる堺雅人がピュアすぎる

真田丸第2回「決断」。第1回の私の中のNo.1ヒーロー、武田勝頼様が自害されるシーンは辛くて直視できませんでした。そして武田家は滅亡。これまで武田家に仕えてきた真田家は今後の道を決断していくことになります。

 

【この記事の登場人物】

・真田昌幸(まさゆき)[草刈正雄]:真田家の当主。

・真田信繁(のぶしげ)[堺雅人]:真田昌幸の次男。

・真田信之(のぶゆき)[大泉洋]:真田昌幸の長男。信繁の兄。

 

昌幸・信之・信繁のくじ引きの場面

昌幸(草刈正雄)、信之(大泉洋)、信繁(堺雅人)の親子3人でのシーン。武田家が滅びて真田家は今後どうするのか。織田信長と戦うのか、それとも籠城するのか。どちらにするのかと思いきや、父の昌幸から、上杉につくか北条につくかどちらかにしようと提案があります。

そしてどちらにするか、くじで決めようと昌幸。こより(紙にねじりをかけてひも状にしたもの)でつくったくじを長男・信之に引かせることに。慌てる信之。こんな大事なことくじで決めてよいのですか、と。そこで次男の信繁は「大事なことだから、くじで決めるのですよ」と。父上のやっていることを楽しそうに全面的に支持。

 

スポンサーリンク



 

で、いざくじをひこうとすると、父は力いっぱいくじを握りしめて長男の信之にひかせようとしない。いやどう見ても父上のせいなんですが、次男の信繁、「何をしておられるのですか」と兄の信之に聞いてる。兄上のせいではないでしょ。

 

このシーンを見ながら私は、こよりのくじをこれだけ力いっぱい引っ張ってもよくちぎれないなぁと思っていました。そして、ちぎれなかった方が強い方ということで、そちらの軍につこうという展開になるのだろうと思っていました。昌幸父さんの顔がマジだったし。

 

ですが深読みしすぎました。「このように大事なことを本当にくじで決めて良いのか。すまん。」と父上。まさかの言葉にええっと驚く長男信之。突っ込みどころ満載です。ですが信之も信繁も父の心中を思いやっている様子。

 

この場面だけでなく、第1話、第2話の中でも、昌幸が「さっきと言ってること違いますやん」ということがあっても、次男の信繁はさすが父上、という尊敬の眼差しで見つめています。一方、そのたびに慌てる長男信之。

 

それぞれの性格として、

【父・昌幸(草刈正雄)】:戦国武将の貫禄にあふれている。頼りになる。偉大なる存在。

【長男・信之(大泉洋)】:しっかり者。知的で几帳面で生真面目。

【次男・信繁(堺雅人)】:まだ未熟者。若々しい。だが鋭い。

 

という感じなのですが、裏のキャラ設定として、

【父・昌幸】:ボケ担当。

【長男・信之】:突っ込み担当。

【次男・信繁】:ボケに気付いてない。全部真に受けてる。ゆえに突っ込めない。

というのもあるよなぁと思っています。

 

昌幸・信之・信繁の家族愛

次男の信繁が相手に情をかけて見逃そうとして、逆に殺されそうになる場面。長男の信之が相手を切って信繁は助かる。戸惑う信繁に信之は「ためらうな。お前のためではない。一族のためだ。そう思え」と厳しい口調。その裏にはきっと、弟への気遣いがあるのでしょう。

 

信之・信繁らの一行が敵と戦っている場面。かなり危うい局面でしたが、父・昌幸が軍を引き連れて登場。そのときの、信之と信繁のほっとした表情が印象的でした。父上が来たからもう大丈夫だと感じている様子。いてくれるだけで安心する。心から父親を信頼しているのでしょう。

 

親子3人、性格はバラバラなのですが、でも絆というか、色々言いつつも仲が良い雰囲気が伝わってきて心が和みます。これからももっと3人のシーンが見たいなぁ。

 

関連記事:

【真田丸】真田昌幸[草刈正雄]かっこいい面白い名場面第2話!わしは決めた!

 

スポンサーリンク



 


 - 第2回「決断」(1月17日)