真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】第2回評価は?昌幸(草刈正雄)とばば様(草笛光子)が人気

      2016/02/21

真田信繁の父・昌幸が笑える! 祖母・とりがかっこいい!!

真田丸第2回でトレンド入りして人気だったのが、主人公の信繁(堺雅人)の父・昌幸と祖母のとり。昌幸は第1回も人気だったしこれからも昌幸ブームは続くのでしょうが、祖母のとり、通称ばば様が注目されたのは意外でした。でも、確かにばば様素敵でした

(●´ω`●)

 

※真田丸第7回「奪回」(2月21日)のばば様の感想はこちら

【真田丸】第7回感想!おとりばば様(草笛光子)かっこいい木曽義昌に平手打ちも

 

スポンサーリンク




 

 

真田昌幸(草刈正雄)

お迎えのシーンがかっこよかったという人、多数です。織田につくぞと言ったあとの笑顔がインパクト大でした。にかって。

 

知恵者の昌幸がこういう人物だから見ていて楽しいんですよね。一見、完璧っぽい人なんだけど、でも突っ込みどころがいっぱい。

 

スポンサーリンク




 

 

戦国時代の物語だけど癒される。

 

けっこうさらっと流れましたけど、この言葉、笑えましたww

 

そうそう、真面目にやってるところがまたいいんですよね。

 

真田昌幸、「カッコいい!」「笑える」という声が多いですねー。私も見ていて、「え?」と思える発言も多いのですが、この人だから許せてしまうという感じです。

 

ところで、堺雅人さんも草刈正雄さんを一押ししていたようです。

 

そんな堺自身、「1話は草刈正雄さんに尽きる」と語る存在感を放っていたのが、真田家当主、真田昌幸を演じる草刈正雄だ。こちらも一昨年、三谷氏の舞台「君となら」で信じられないくらい客席を笑わせていた三谷組の1人。「真田丸」では一族のキーマンとしての登場である。「真田太平記」(85年)では真田幸村を演じており、今回は父昌幸役というのも胸躍る。

http://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda/news/1591231.html

 

自分としては、堺雅人さんが主演ながらも、真田昌幸はじめ個性豊かな他の役の魅力を引き立てるために、主張しすぎていないからこそこれだけいいドラマになっているのではないかなと思っています。

 

今回のMVP?ばば様

脇役ながらMVPです。

 

主演女優賞も受賞しました。ばば様。タイトル総なめですかね。

 

ばば様強かった。元気でいらっしゃるから、自分の足で歩いてもいいんじゃないかなって密かに思っていました。

 

おおっ!カワイイにも1票入りましたよ!!

 

女性達のキャラも際立っているんですよね。繊細なシーンもある一方、キャラが極端ですごく分かりやすかったりする。

 

真田丸、第1回、第2回と放送されましたが、「続きが楽しみ」「三谷幸喜が脚本でおもしろい」と好評です。おもしろい要素もある一方、史実に基づいて再現されている箇所もあったり、細かいところにも気配りされている設定もあるようです。

少し心配な点。真田昌幸、ドラマのはじめは真面目な人って印象だったけど、実はこんなキャラだったのかという意外性もあっておもしろかったのですが、もうおもしろい人だってみんな分かっちゃいましたからね。それを乗り越えてくるようなおもしろいセリフがまた飛び出してくるのでしょうか。それでいて、戦国の世を愛と勇気と知恵で駆け抜けていく昌幸が描かれるのでしょうか。注目です。

 

関連記事:

【真田丸】真田昌幸[草刈正雄]かっこいい面白い名場面第2話!わしは決めた!

 

スポンサーリンク




 


 - 第2回「決断」(1月17日)