真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】第1回感想!武田勝頼(平岳大)の武田信玄亡き後の裏切りに泣ける

      2017/02/03

堺雅人も良かったけど、勝頼さま最高です

真田丸第1回。私は「堺雅人が主役」「三谷幸喜の脚本」というのが楽しみで期待していました。で、実際に見てみたら、武田信玄の息子で跡継ぎの武田勝頼がめちゃくちゃ良かった!1番良かった!!もちろん堺雅人さんや他の方も良かったのですが、武田勝頼にすんごい感情移入してしまいました。もう哀れで気の毒で、でもいい人すぎて。

 

【この記事の登場人物】

・武田勝頼(かつより)[平岳大]…武田家最後の当主。武田信玄の息子。

・小山田信茂(おやまだのぶしげ)[温水洋一]…武田勝頼の家臣。

・小山田茂誠(おやまだしげまさ)[高木渉]…信茂の家臣。声優の高木渉さんが初のドラマ出演ということでも話題に。

 

温水さんひどい。

まず、ただずまいが格好よすぎる。凛としていて、クールで。そして義理堅い。父親の武田信玄を大尊敬していて、武田家を守りたいという気持ちが強い。にも関わらず織田信長らが勢力を伸ばしてきて家臣が次々と武田家を裏切って離れていく様はもう哀れでなりませんでした。そんな状況でも城を離れるときには真田家を信頼して人質を返してあげる。もうなんて徳の高いお方なんでしょう。

 

スポンサーリンク




最後の裏切りのシーン。小山田信芝(温水さん)が、お迎えの準備をしておきますので後からいらっしゃってくださいと言った時点で、おそらく何かあるんだろうなと疑う気持ちもあっただろうなと思いました。心の準備はできていたのでしょう。で、いざ城へ着くと門戸を閉じられてしまう。織田信長に加勢することになりました、と。

 

その場面で、自分に言い聞かせるようにうなずいて、「もうよいのだ」。

 

もう胸が痛すぎます。数々の裏切りにあい、ここで裏切られたらもう終わりだろうという状況で、でも温水の命令で追い返した小山田茂誠(高木渉)の心中も察しているようで、一言も恨みつらみを言わずに去っていく。なんだかもう、完全に温水さんが嫌な奴に思えてきました。最初から、口では真っ当なことを言いつつも、なーんか感じの悪い人やなーって思ってたんですよね。

勝頼様は、本来であればより安全な真田家の所に行くはずでした。そこを、父親の武田信玄への想いがあって「この土地を捨てられないから」と小山田家の所に行くことにして、そんな真っすぐな気持ちを裏切るなんて。しかも自分で言わずにいい人の茂誠に言わせるなんて。もう「小山田信茂が嫌な人」っていう感じではなく、「温水さんが嫌な人」に思えてきました。温水さんにしてみたらそれほど役になりきっていたんだろけど。温水さんごめんなさい。

 

引き返す道の途中、もう帰るところもない。「どちらへ?」と家来に言われて、「分からん」と一言。諦めのような笑みを少し浮かべましたが、でも目はほぼ死んでました。もう着実に最期が近づいているのを悟っているのでしょう。それでも辛うじて平静を装っている。第2回で武田家は滅びるそうですが、そうは分かっていながらも、どうか神様、勝頼様を何とかしてください、こんな素敵な方を幸せにしてあげてくださいと思いました。

 

非常に申し訳ないのですが、芸能人にそれほど詳しくない私は武田勝頼役の平岳大さんという俳優さんを知りませんでした。本当に素晴らしい俳優さんですね。今のところ2016年のNO.1です。真田丸第1回、平岳大さんや小山田茂誠役の高木渉さんのように、元々それほどクローズアップされてはいなかった人もものすごく良かったです。そして人の感情の描写が際立っています。これも三谷幸喜さんの腕でしょうか。三谷幸喜さん、実はコメディーの映画しか見たことがなくって今回の真田丸も笑いの要素が強いのかと思っていましたが、イメージが変わりました。

これからもどんな役者さんが出てくるのか楽しみです。そして第2回は何といっても勝頼様の最期。悲しいですが、しかと見届けます。

 

スポンサーリンク




 - 第1回「船出」(1月10日)