真田丸、どうだった?

真田丸の感想などを大河ドラマ初心者の女子が綴ります

【真田丸】上杉景勝は訪問販売に弱そうで直江兼続はセコム?

      2017/02/02

戦芝居に乗る上杉景勝

真田丸第10回のツイッターの感想を見ていたら、やたら多くて笑ってしまいました。上杉景勝は訪問販売に騙されやすそうだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

そして直江兼続はセコムだそうな。

 

 

 

みんなおもしろいこと考えるなぁ。

 

スポンサーリンク



 

さてさて、第10回の、上杉景勝と直江兼続、そして真田信繁での場面です。信繁は第8回「調略」で、叔父の信尹の息子として上杉にやってきています。今回、実は昌幸の息子だと名乗ります。

 

兼続「どこまでもわしらをたばかりおって。許せぬ。切り捨てましょう」

家臣「構え!」

信繁、上杉の家臣らの刀に囲まれる。

景勝「まぁ待て。逆に興味がわいてきた」

兼続「御屋形様」

景勝「言いたいことを申してみよ」

信繁は、真田は徳川の家臣になるつもりはないことを説明する。

信繁「真田は、信濃の小県(ちいさがた)に加え、上野(こうずけ)の沼田を領地としております。正々堂々と、戦で勝ち取った土地でござる」

景勝「それで」

信繁「その真田の領地を、北条と徳川は勝手に分けてしまいました。受け入れられるものではありません」

景勝「それで」

信繁「真田には、真田の意地がございます。武士としての誇りを守りたいと存じます」

景勝「おぬしは上杉に加勢をしろと言うのか」

兼続「上杉が今さら真田に加勢することなど天地がひっくり返っても有り得ぬこと。血迷うのもいい加減にせよ」

信繁「ご加勢いただきたいと思っておりませぬ」

景勝「ではどうして欲しいのじゃ」

信繁、上杉と真田で戦芝居をして、上杉が勝ったという噂を流せば北条軍が引かざるを得ない状況になるという。

景勝「おもしろい」

兼続「御屋形様!」

景勝「芝居をするだけじゃな」

兼続「なりませぬ」

景勝「殺されるかも知れぬのに、わしのところへやってきた。おぬしの勇気に免じて、この話、乗ることにした」

信繁「ありがとう存じます!」

信繁が去ったあとで

景勝「存分におもしろい若造じゃのう」

兼続「真田の子せがれです。何かの策やも知れませぬ」

景勝「あれはそういう男ではない」

兼続「御屋形様は甘すぎまする」

景勝「では切り捨てるが良かったか」

兼続「そうは申しませぬ」

景勝「今、真田を敵に回すのは、得策ではない」

兼続「分かっております」

 

兼続、相当素早く、そして厳しく景勝の言葉を制しているんですよね。「なりませぬ」とか。危険を察知したら素早く反応するセコム。御屋形様はセキュリティが甘すぎまする。兼続の働きぶりが素晴らしいです。

 

景勝、騙されやすそうとは思わなかったけどなぁ。賢明な人だし。ただ、「情に流されて契約しちゃいそう」とは思った。いい人だから。最近あったんですよね。新聞の勧誘で、「新聞いつとっていましたか?」とか聞かれて「大学のときですねー」なんて話していたら、そのうち「最近世の中厳しくって、みんな話聞いてくれないんですよ…お姉さんほんといい人です」と辛そうな表情で感謝の気持ちを言われ、「最後に、お名前と住所だけ書いていただけませんか?」と言われました。新聞屋さんも大変なんだろうけど、やっぱりいい気はしなかったなぁ。

 

でも、景勝がいい人だから、という以上に心配なのが、景勝がなかなか人生うまくいっていない、というところです。先代の上杉謙信のときほどの力が上杉にはない。そして味方が謀反を起こしている。信頼していた春日信達にも裏切られた。今、北条や徳川など有力大名に攻め込まれたら上杉家はどうなるのか。窮地にあるときに、人の精神って弱いものです。訪問販売っていうよりも、「あなたは大丈夫ですよ」「幸せになりましょう」っていう、怪しい誘いに引っかかりそうで怖い。

 

なんて心配する気持ちもあるのですが、私は上杉景勝、大好きです。裏切られてもなお、やはり人を信じたいという気持ちがあって、信繁に懸けてみることにしたような気が。もの静かですが、凛としていて、でも人情に厚くてもろい。上杉景勝がそういう生き方ができるのは、上杉に尽力している直江兼続がいるからこそ。2人のやりとりがおもしろいですね。

 

第12回「人質」大天使・上杉景勝

真田丸第12回。信繁が上杉に人質として出向くことになりました。上杉景勝と直江兼続が準主役のような回。「セコム直江」というツイートが多かった一方、「天使上杉景勝」というのも多かったです。もうね、上杉景勝や直江兼続が好きだという人、続出ですよ。

 

 

 

 

 

 

意外と多かったのが「かわいい」という声。上杉景勝がかわいい、直江兼続がかわいい、と。私はかわいいとまでは思わなかったけど、でも「がんばれ!」って応援したくなる感じでした。健気に一生懸命生きていて、彼らのことを母性本能で見てしまいます。

 

関連記事:

【真田丸】第15話感想!上杉景勝「これまでの生涯で1番苦い茶であった」

【真田丸】第12話感想!上杉景勝と直江兼続との信頼関係

#真田昌幸被害者の会とは?春日信達や室賀正武が入会かツイッターで話題

 

スポンサーリンク



 

 


 - 上杉景勝・直江兼続, 第10回「妙手」(3月13日), 第12回「人質」(3月27日)